SEO

SEO(検索エンジン最適化)

Scroll

SEO(検索エンジン最適化)について

SEO(検索エンジン最適化=Search Engine Optimization)とは任意のキーワードでYahooやGoogleといった検索エンジンに上位ヒットさせる技術のことをいいます。

現在お持ちのホームページでなかなか集客に結びつかない、などの場合はこのSEO(検索エンジン最適化)の対策が原因の1つかもしれません。

お金をかけないSEOで集客増への第一歩

SEO対策として一般によく言われていることは、
  1. サイトのコンテンツが充実していること
  2. 質の高いサイトとのリンク
  3. 重要コンテンツのサイト内リンク
  4. 更新が定期的にされている

などが挙げられます。

そしてこの他にルバートのノウハウを駆使し、なるべくお金をかけないSEO対策を施しますが、大事なことはサイトの中身を充実させなければなりません

お客様には完成まで色々お手数をおかけするかと思いますが、1つでも多くの原稿や話題をご提供いただければ幸いでございます。

また、新規に制作されたサイトの場合ウェブ全体に貴サイトが浸透するのに1ヶ月ほどかかります。

これはGoogleのロボットが膨大な数の世界中のウェブサイトをクロールする時間です。

従いまして様子を見られながらリスティング広告などの有料広告を試された方がよろしいかと思います。

SEOのみのご依頼は受け付けておりません。

SEOの考え方

以前弊社では16年ほど信州りんごをネット販売していました。

消費者はどのようなキーワードで検索するか考えましたが、信州りんごは有名ですので恐らく「信州 りんご」や「信州 りんご 通販」などといったキーワードで検索するのではないかと推測されます。

したがってこれらのキーワードで上位ヒットを目指しておりました。

結果上記キーワードで上位表示され、全国のお客様からご注文をいただきました。

購入する気持ちのある方はただ単に「りんご」だけの検索はしないのではないでしょうか。

「りんご」だけでは購入が目的なのか栄養価を知ることが目的なのかリンゴを使ったレシピが知りたいのか、または他の目的なのかわかりません。

購入いただける方から購入していただくことを目標にSEOを設定いたします。

りんごを購入する気持ちの大きさ

りんごを購入する気持ちの大きさ

正しいHTMLで記述する

html

HTML(HyperText Markup Language)とはWEBページを作成するためにつくられた言語ですが、今のブラウザは多少の間違ったHTMLの記述でもきちんと表示してくれます。

しかしSEOのことを考えますとやはり正しいHTMLの記述は大変重要ではないかと考えています。

Googleロボットは正しいHTMLと相性がいいと聞いておりますので、ルバートではエラーのないHTMLで記述しております。(=W3C*が定めるWEB標準に準拠するサイト制作)

(ただしワードプレスで制作した場合、プラグインをインストールしますとプラグインが自動で吐き出すHTMLやJavascriptでは若干間違った記述をしてしまうものがあります。)


W3C*(World Wide Web Consortium)とは

W3CとはWeb技術の標準化を行う非営利団体の名称です。

この標準化に沿ってホームページを制作することはどのブラウザでも快適に表示され、ユーザーを困らせることはありません。

またGoogleロボットとの相性もよく、弊社では標準化を守ることは必須であると考えております。

SEO(検索エンジン最適化)

画像を軽量化し表示スピードを上げる

画像を軽量化し表示スピードを上げる

現在では光回線などの技術の発達で昔に比べ格段に早くなりました。

それでもルバートでは画像全てを軽量化してアップしております。

少しでも表示スピードを上げてユーザー様のストレスを軽減し、Googleロボットに相性のいいサイトを心がけております。

長野県上田市のルバートではエンドユーザー目線でのわかりやすいホームページ制作をいたします。